総村スコアブック

総村悠司(Sohmura Hisashi)の楽曲紹介をしています。

歌『piece of peace』

おつかれさまです、総村です。
今日は歌『piece of peace』についてです。

 

タイトルは、半分以上言葉遊びです。冠詞とかそういうものは度外視しています。。

 

この曲は、総村が高校2年の時に受けた英語の小テスト回答用紙裏に書かれていた(こらっ!)原詩を基にしてできた、いわば「過去の自分とのコラボレート」というべきものです。

過去の自分と言っても、その後、様々な影響を受け、経験も積みますので1年2年で他人と言っても差支えない状況と思います。こうして、ブログの記事を執筆している総村も、数年後は「何やってんだか」と思っているかもしれませんね。

 

曲調としては、とにかく、アップテンポで勢いのある曲が作りたかったのを記憶しています。そのこともあり、総村自身はメインに入る手前の1拍が一番お気に入りです。

 

あまり大きな話ではないですが、各DLサイト様での表示は「Piece of Peace」と大文字が含まれた表記となっているようです。アグリゲータのMONSTAR.FM様では小文字の状態で監理されているようですので、そこから先で変換されてしまっているようですね。

 

■Message for foreign friends
Anyway, I wanted to make a cool and up-tempo song.
In their own, I like a part just before the Chorus.

 

■歌詞

夜明けが来るなど 信じてなかった
後悔だらけの 過去を振り切って。

右手の自由と 左手の束縛
両手を合わせた 今がはじまりの時。

願いに息吹を与え 今、空に解き放て!

絶望の間に かすかに視えた piece of peace
明日の答えなら 今日のどこかにしかない。
忘れもののありかを 指し示した piece of peace
奇跡を信じるなら 必ず最後に取り戻せる。

 

■歌詞(English ver.)
(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
75

 

■NexTone管理番号
N00088842

 

■Floatin' POPs収録順
9曲目

 

■作詞日
2010/01/12

 

■作曲日
2002/06/23

 

■編曲日
2002/06/26

 

■リンク(Amazonさん) 

Piece of Peace

Piece of Peace

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

Piece of Peace

Piece of Peace

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『百花繚乱』

おつかれさまです、総村です。
今日は歌『百花繚乱』についてです。

 

「ある種の竹は、60~120年に一度、一斉に開花して、枯死する」

 

曲の構想自体は上述の話を何かの拍子に聞いたのが発端でした。が、曲作りを進めるうち、だんだんと「夜桜の美しさ」も頭の中に参入してきて、最終的には詞のような、架空の植物を生み出してしまいました…。

 

曲調は、アップテンポ派の総村としては珍しくスローテンポなものとなりました。ゆったりした曲というのは、音の数や勢いで誤魔化しができなくて難しいですね。塩ラーメン(?)のようなものでしょうか…。


Aパートは月の薄明かりに照らされて森の全てが寝静まっている様子、Bパートは枝々のつぼみが、待ちに待ったこの時の為に徐々に膨らんで行く様子、メインは、誰にも見られていないが、しかし誇りを持って一生懸命に今を咲く儚げな花々の様子、エンディングの1~2小説は最後の花びらが名残惜しげに舞散る様子を表現したつもりです。

 

タイトルも 総村としては比較的一般的なことばを採用したこともあり、百家争鳴な百花繚乱の作品群にめでたく埋もれることとなりました。

ただし、これはこれで、歌詞通りに「密やかに」存在している状態が、ちょうどこの歌らしくてよいかなと思っている次第です。

 

■Message for foreign friends
In 60 to 120 years, some bamboos bloom all at once, and withers.
I've heard such a story, it was an opportunity to make a song.
while composing a song, however, cherry bloosam also came on my head.
It became a result that would create fictitious plants at last. (-_-;)

 

■歌詞

月明りただ 山奥照らす
生きとし生けるものたちがまどろむ時

幾年(いくとせ)に 一度の夜が
深い闇の中で密やかにはじまる

数多の野分(のわけ)と 数多の四季を越えて
小さき つぼみよ 今、目覚めよ

時を忘れるがごとく 咲き乱れよ 花弁(はなびら)達
風の歌に身を委ねて 咲き誇れ 高らかに
空を舞い 見渡す限り 白く彩れ 花吹雪
うたかたの甘き匂いの満ちるここでまたいつか…

 

■歌詞(English ver.)
(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
93

 

■NexTone管理番号
N00088838

 

■Floatin' POPs収録順
8曲目

 

■作詞日
2010/02/13

 

■作曲日
2003/10/14

 

■編曲日
2003/10/27

 

■リンク(Amazonさん) 

百花繚乱

百花繚乱

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん)

百花繚乱

百花繚乱

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『White Snow X'mas』

おつかれさまです、総村です。
今日は歌『White Snow X'mas』についてです。

 

「クリスマス」はその日近辺に連休があることもあって、子供のころから無条件に好きでした。必然、クリスマスソングは聴くだけでクリスマスを連想させる楽しいものでした。

 

All I Want For Christmas Is You(Mariah Carey氏)』
Cherish Christmas(林原めぐみ氏)』
いつかのメリークリスマス (B'z氏)』

総村自身は、上記の歌が特にお気に入りです。

 

既に世の中には、良いクリスマスソングが星の数ほど溢れているので、自身がクリスマスソングを手掛けるとなれば、ニッチな部分にスポットを当てることになるだろう、と思っていました。

しかし、いざ取り掛かると、コード進行を含めてなかなかトリッキーな方向には進みませんでした。クリスマスの魔力とでもいうべきでしょうか、自分としては非常に王道なものに収まりました。むしろ、前奏は開き直って「ジングルベル」の冒頭をアレンジしたものにしてしまいました。


さて、曲の無念は詞で晴らそう、とばかりに気合を入れました。

1番は「恋人と喧嘩中の女の子」、2番は「今年は独りの女の子」の立場です。
どちらもクリスマスを「一年に一回だけなんだから…」と気持ちを前向きにするきっかけにしよう!というのが意匠です。実生活でも「実用的なもの」が好きな総村としては、ある意味自然な流れでした。

 

といっても、詞も苦手な総村は悩みに悩み、冒頭にも挙げた「Cherish Christmasを師として、なんとか書き上げたという状況でした。

 

その七転八倒の甲斐あってか、今でも毎年クリスマスシーズンになると投稿した動画を閲覧してくださる方々が一定数いらっしゃるようで、誠に嬉しいことです。

 

■Message for foreign friends

 There are good Christmas songs already all over the world.
Therefore, I selected a rare themes.
The first verse is "A girl is midst of a quarrel with the lover".
The second verse is "A girl is also alone this year."
However, I wanted to express the appearance both girls are trying to cherish a "Merry Christmas(only once a year!!)".

Intro is that arranged the beginning of "Jingle Bells".

 

■歌詞

些細なことで喧嘩して
眠れない夜 繰り返し
気が付けば 今はもう
クリスマス・イヴの夜

雪が 静かに 降りはじめ
もやもやした気持ちのまま
待ち合わせのツリーの前
恐る 恐る 近づいた

肩に2cmの雪を 積もらせ 立ち続ける
あなたの後ろ姿で もう全部許してあげる!

小さな 真っ白い 羽根を舞い上げて
二人で 街に くりだそう
一年に 一度の 特別な夜
あなたと Happy marry X'mas

きれいに飾られたツリーを
ため息ついて見上げたり
虹色の歌声も
聞こえないふりしてたけれど…

幸せが満ち溢れて 廻り巡ってくるように
見知らぬカップル達でも心から祝ってあげる!

小さな 真っ白い 雪が舞い下りて
街を飾りつけはじめる
一年に一度の特別な夜
私に Happy marry X'mas

 

■歌詞(English ver.)
(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
48

 

■NexTone管理番号
なし

 

■Floatin' POPs収録順
7曲目

 

■作詞日
2010/11/28

 

■作曲日
2000/12/03

 

■編曲日
2000/12/21

 

■リンク(Amazonさん)

White Snow X'mas

White Snow X'mas

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

White Snow X'mas

White Snow X'mas

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『pastel sight』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『pastel sight』についてです。

 

影響を受けた曲は「ORANGENOISE SHORTCUT」氏の「Homesick Pt.2&3」、ソフトロックの名曲です。この曲をはじめとして、この時期の自分の作風に大きな影響を与えた「音ゲーの数々を紹介してくださった先輩への敬意込み(当社比150%)となっております。

 

タイトルの「Sight」は「Site、つまりはWeb Site」と掛けています。元々は、その先輩のWebサイトが非常にポップでパステル(実際にはオレンジを基調とされたスタイリッシュなデザインだったはずですが、語彙力のない自分は単にパステル!と思っておりました)なものだったので、ほぼ即決で「pastel sight」という名になりました。

 

具体的には思い出せませんが、2003年は何かと暗い話題が多かったようで、明るい曲でポジティブな流れになったら良いな、という気持ちで原詩にポジティブワードを並べ、作曲工程に進んでいました。

 

その際、ただ製作するのも味気ないということで、2つ実験的要素を試みました。

(1) 歌の中に、他の歌を入れる。

(2) 転調した後、再び転調して戻す。

 

(1) 歌の中に、他の歌を入れる。

具体的には、当ブログでも紹介済みの『寄り道』を詞の中に含めました。当時良く聴いていた(今もよく聴いていますが)、「BUMP OF CHIKEN」氏の歌詞がこういった趣向を良くされていたので、影響されました。

 

(2) 転調した後、再び転調して戻す。

イントロ、Aパート、Bパートの途中までは「ニ長調」ですが、その後、一旦「ハ長調」に変わりますが、メインパート直前からメインパートは「ニ長調」に戻ります。あまりそういう例の曲の覚えがなかったので、少しやってみようかと思いました。

 

なお、アマゾンさんやiTunes Storeさんをはじめとして、オンラインストアにおいて頂いているのは非常にありがたいことなのですが、タイトルが一部大文字になってしまっているようですね…。どうにも直せないようです。いえ、何かこだわりがあるかと問われれば、無いのですが。 NexToneさんはさすがにきっちりと全文字小文字で登録して頂いています。

 

原詩の短さのため、ということもありますが、短めの曲です。上にも書きましたが、歌から元気をもらったら、すぐにでも賑わう街に飛びだして行ける方が良いからです。

 

『一日は短い 悩むにはもったいない』ので。


■Message for foreign friends

Now, there are a lot of negative topics.
I hope that the emotion will be upward by the cheerful song. o(^-^)o
In this song, it contains two experimental elements.
- At Verse, My lyrics contains my song name ("Yorimichi").
- At Bridge, after changing keys, immediately, changing keys again.

 

■歌詞

お気に入りの『寄り道』という歌聴いて
賑わう街にとびだしていこう
日曜日の午後は彩り鮮やかで
心と体をまばゆく照らす

世界中が美しく輝く
そんな日が明日も明後日も続きますように…

一日は短い 悩むにはもったいないから
今日もベストの自分をイメージして走ろう!
ポジティブに ひたむきに 目指すは限界の向こう側
鈍色の未来でも きっと塗り替えられる

 

■歌詞(English ver.)

 (It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
 90

 

■NexTone管理番号
 N00091772

 

■Floatin' POPs収録順
 6曲目

 

■作詞日
 2010/06/05

 

■作曲日
 2003/08/01

 

■編曲日
 2003/11/19

 

■リンク(Amazonさん)

 

Pastel Sight

Pastel Sight

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん)

 

Pastel Sight

Pastel Sight

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『Spring Shower』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『Spring Shower』についてです。


詞先だったのですが、原詩は全英文でした。
(下段にある詞は原詩とは別にボーカライズにあたり、総村がつけたものです)

 

このサイトを見て既にお分かりの方も多いと思いますが、総村は英語が苦手です。作曲にあたり、非常に苦労した思い出があります。
日本人ですから、日本語の詞の場合は文節や抑揚からその文章にしっくりくるメロディーが自然とトレースできたりするのですが、それが期待できない訳です。


まだ寒く乾燥した時期だったからかもしれませんが、暖かく、潤いの感じる「春の雨」をイメージしていました。


昔から雨が好きでした。逆に、晴れ(太陽光)は苦手でした。
乗り物酔いがしやすい体質で、大型バスで延々と移動するとき、晴れているときよりそうでないときの方が随分と楽だったからでした。
しかし、世の中全体でみると、雨に対する評価やイメージは一般的にマイナス気味です。


日頃から感じていたその不条理を、逆に「マイナスに思えるものも、見方を変えたり、使い方によってはプラスになる」というテーマととらえ、活かすことにしました。

具体的には、曲の中には「マイナーコード」が何度か現れますが、これが引き立つように構成したつもりです。
作曲時に影響を受けた歌は宇多田ヒカル氏の『First Love』。はい、そちらの方、怒らないでください。
原詩が英文だったうえ、儚げなイメージがちょうど当時の総村の中で関連付けられたのでしょう……。


そして、この歌には続きがあります。
まだ「歌」になる前。知人がインストゥルメンタル版を結婚式の入場曲に使ってくれたのです。ありがたいことです。
下段の詞が付いたのはその5年後の話。そのお礼も兼ねて付けさせていただきました。
現在もその知人は幸せな家庭を築いて暮らしているようです。この場を借りて、改めて「末永くお幸せに……」。

 

■Message for foreign friends

By changing the point of view, it is possible to think also to the positive even those that seem to minus.
As its theme, that was picked up a rain for lylics and a melody for a minor code.
I am grateful to friend who used the song at a him wedding.
To take this opportunity, I pray for couple of eternal happiness. m(_ _)m

 

■歌詞

風に 花の匂いが混じる頃
あなたとの物語ははじまった
昼にいつも 仲間と会っていたときは
まるで意識してなかったけど

夜 眠れずに 星空見上げたとき
急に声が聴きたくて やっと素直な気持ちになれた

時に冷たい雨が二人に降り注ぐけど
きっとそれは未来のために大事なものなんだ

ひとつの雨傘を静かに閉じれば
水たまりに映るふたつの影
雨上がりの青空に 七色のアーチは浮かび、
二人の花はもっと強く育ってゆく……

(It's spring shower...)

 

■歌詞(English ver.)

(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
52

 

■NexTone管理番号
N00097873

 

■Floatin' POPs収録順
5曲目

 

■作詞日
2012/02/08

 

■作曲日
2001/02/23

 

■編曲日
2012/02/20

 

■リンク(Amazonさん) 

Spring Shower

Spring Shower

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

Spring Shower

Spring Shower

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『CREATURES』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『CREATURES』についてです。


詞のテーマは「ものづくりをしている"人"と"もの"(特にアマチュア)の両方にエールを送りたい」でした。


作品と向き合っているとき、なぜか苦しくなる時があります。
思い通りの仕上がりにならかったり、あるいは、まさに手掛けている作品より優れている作品に出会ってしまったり。
でも、そもそも、そういった試行錯誤ができること自体がとても幸せで贅沢なことなのだと思います。

 

この曲を作った頃、スランプという訳ではないですが、上記のような状況に自分がなり、作編曲が上手くできていませんでした。
大小様々ではありますが、一応累積曲数も90を超えていたこともあり「そろそろ限界かな……」と思っていました。

 

それでも、もう少しやってみよう、そう考えてキーボードに向かいました。
少し気持ちを落ち着けてから、指を置いたのは左から順に「レ♭、ファ、ラ♭」「レ♭、ミ♭、ラ♭」でした。
(今でもですが)自分はニ長調が好きだったので、ある意味では納得な状況ではあったのですが、不思議なことにそこから曲があっという間にできてしまいました。

 

「レ♭、ファ、ラ♭」「レ♭、ミ♭、ラ♭」

 

それは、まさにイントロ(そして、エンディング)の最初の部分でした。
この曲は最初にイントロができ、あとは自然に最後までつながっていきました。

 

作編曲の際に大きな影響を受けたのは、当時先輩から教えて頂いた音楽ゲームGuitarFreaks」&「drummania」シリーズの歌『DEPARTURE(AKINO LEE氏)』です。
3小節で静かに始まり、一気に火をつける……。
「これはかっこいい! 自分もこんな曲が書けたら……」
いいなと思ったものに臆せず、自分が手掛けたらどうなるのか。自分のためにそれを試してみたい。
その意思が背中を押して、最後まで火を焚きつけ続けられた結果、この歌は完成しました。

なお、ここまででうすうす感じた方も多かろうと思いますが、曲名の『CREATURES』も自然と語感の似ている理由ですぐに決まりました。

 

詞については少し紆余曲折がありまして、元々は、男性バンドで元気良く歌うイメージ(DEPARTUREのように……)でしたが、
総村は歌が不得手なので、自身で収録することなどできませんでした。

後年、都合により女性ボーカルが名乗りをあげてくれましたので、少し詞の語調も路線変更しガールズバンド風で収録することになりました。

 

■Message for foreign friends

This song is composed with the feeling that "I want to send Yale to both creator and works (especially amateur)".
Originally, it was supposed to sing cheerfully in boy's band.
However, it is supposed to sing cheerfully in girls band, now. (+_+;)
In their own, I like Intro and Ending.

 

■歌詞

好きな事しているのに、
君はなぜ苦しんでるの?
それは平和な時代に生まれた贅沢なワガママなんだ。

「したくてもできなかった」
そんな若者がかつて
この国にたくさんいて、消えて行った事は知っているよね?

「パクリだ!」なんて揶揄された
模倣的な作品たちも
完走した二位なんだから、マラソンのように栄光を。

やろうかどうかで悩んだ時は迷わずやって大失敗しよう。
結果、ついた傷痕は前よりも強くなり、君を守るだろう。

名も無き虫達だって光へ迷わず進む!

大事なものは結果じゃない。積み重ねてきた軌跡だ。胸を張っていいんだ。
下手だって不器用だって生まれてきた全てが名作なんだから。

 

■歌詞(English ver.)

Though you are doing things you like, why are you suffering?
It's luxurious selfishness borned in a time of peace.

"Want to do! but couldn't..."
Once, such many young people were living in this country, and they quietly were dying.
You know its history?

"It's a plagiarized work !!"
Imitative CREATURES was ridiculing.
It finished second, and so I want to give them the glory like a marathon.

When you can't decide what to do about you do it, try and you should fail it without hesitation.
the scar caused by that result is strengthened than before, it will protect you.

unnamed insects even goes towards a little light without hesitation.

Important things are not the results,
it is trajectory that you has accumulated so far.
I hope you proud, because ...
even if they are just unskillful or clumsy, all created CREATURES is a masterpiece!

 

■作品ナンバー
96

 

■NexTone管理番号
N00088839

 

■Floatin' POPs収録順
4曲目

 

■作詞日
2010/01/04(女性ボーカル向けに修正した日)

 

■作曲日
2004/02/22

 

■編曲日
2004/11/09

 

■リンク(Amazonさん) 

Creatures

Creatures

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

Creatures

Creatures

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

Youtubeに投稿したページ

www.youtube.com

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。

歌『歌 -uta-』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『歌 -uta-』についてです。
(しかたないですが、ブログタイトルが不思議な具合になってしまいましたね)


作詞のテーマは「歌への賛歌」。
具体的には、「歌の心を動かす力」を2つのストーリーを通して、「歌」というものがこの世界に存在してくれていることへの謝意を一人の作曲家(しがないアマチュアですけど)として示したかったです。
(※実際には、本ページに載せている詞とは異なる原詩を2001/10/03に作っており、半年後に作曲しています)

そして、詞のテーマから総村が感じた作曲と編曲のテーマは「懐メロ」でした。
具体的には、アレンジの際には歌『浪漫飛行(米米CLUB氏)』と歌『Tokyo Boogie Night(林原めぐみ氏)』を意識していた気がします。
なお、「懐メロ」について、総村は「流行歌に負けない独特な輝きを持った歌たち」と考えていますので、両曲ファンの方は過敏な反応をされないよう願います……)


歌自体は自分好みでもあったのですが、自身が一番驚いたのが、ボーカライズした時でした。
「こんなに変わるものなのか!!」
初音ミクさんの合唱のおかげで、『歌 -uta-』の新しい一面に出会えた気がして、とても嬉しい気持ちになったことを良く覚えています。

 

■Message for foreign friends

This song's concept is "Song for song".
In this song, I wanted to hit the spotlight to mysterious power of song and the song itself.
I wanted this song to such representation as oldies.
In their own, I like duplex vocal of Chorus.


■歌詞

初めて二人きりで遊びに行く
チャンスがついに訪れたというのに、
手もつなげずに ただ街中歩いて
時間だけが流れ去っていく…。

突然、降りはじめた俄か雨に
雨宿り代わりに入ったカラオケ。
彼がスペースせっかく空けてくれたのに、
つい真向かいに腰掛けてしまった。

いい友達のポジションを失うのが怖くて、
前にもう一歩 踏み出すことができない。
だけど、それも今日でおわりにしたいから
勇気のスイッチをONにして。

十二の音と言葉の組合せで、
誰もが魔法の遣い手になれる。
「愛してる」とか「I love you」のフレーズさえも
照れずに口にすることが出来るんだから!!

歌詞のような、この想いも彼に届きますように。


小さなミスや不運が積み重なって、
進むべき道が分からなくなって、
居心地のいい 自分の部屋の隅で
一人膝を抱えていた時も。

今では誰にも聴かれない流行を過ぎた歌。
でも私にとっては今も心のサプリ。
落ち込みモードはもうおわりにしたいから、
オーディオのスイッチをONにした。

十二の音と言葉の組合せで、
いつでも元気な自分を取り戻せる。
つい忘れてた大切なキーワード
『「幸せ」は、笑う人だけが大好き』

だから、辛いけど、今、私、笑顔頑張るよ。

 

■歌詞(英訳)

Finally visited the chance to have a date alone with him for the first time.
In spite of, we are just walking in the town without hold each other hands.
And, only time is flowing away.

Suddenly, It began to rain.
We go into Karaoke in exchange for taking shelter from rain.
He kindly provided a space for me.
Despite it, I had sitting carelessly on the seat opposite.

I can't take a step forward, because I'm afraid of losing position as a good friend.
But, I want it to an end at today, let me try to turn on the switch of courage.

By twelve tones and the combination of words, anyone can become a wielder of magic.
Anyone can talk about phrases without shyness, for example, "I needs you", "I love you" and so.

I wish that feeling like this lyrics arrives at him.


By piles of small mistakes and bad luck, I couldn't imagine the way to go ahead.
I'm having my knee at the cozy corner of the room.

Everyone don't listen this song. It is now completely outdated.
But, It's a still supplement of my mind today.
I wish ending "Despondent Mode" by the switch on the audio.

By twelve tones and the combination of words, I can take back "active and usual me" at anytime.
I was forgot about an important keyword that "A happiness loves only smiling of people".

So, I feel painful, but I do my best to smile now.

 

■作品ナンバー
72

 

■NexTone管理番号
N00091773

 

■Floatin' POPs収録順
3曲目

 

■作詞日
2010/09/07

 

■作曲日
2002/04/24

 

■編曲日
2002/11/02

 

■リンク(Amazonさん) 

歌

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

歌

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。