総村スコアブック

総村悠司(Sohmura Hisashi)の楽曲紹介をしています。

歌『ちいさなもりのおおきなき』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『ちいさなもりのおおきなき』についてです。

 

一時期、自動車で長距離を往復する機会があったのですが、その際の道中にとても大きな木があったのです。
当初は「大きな木だなぁ」くらいにしか思っていなかったですが、それがあるとき急に無くなってしまったのでした。
無くなったから違和感を抱いて、気づいたんですね。

それでも、わざわざ降りてどういうことか確かめようとか、Webで調べてみようといった動機はなぜか起きず、ただメロディーと付帯する詞につながりました。

今回、ブログの記事を書くにあたり、Google Map等で調べてみたところ、
石岡の一里塚(http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page001410.html)だということが分かりました。
平成14年の7月に台風の影響で倒壊してしまったとのことで、年月もおおよそ一致しますので、間違いないですね。

歌詞に含めた意匠としては「自然は、人が思っている以上に大きな存在だ」というものです。
自然災害の脅威や、自然に再び戻っていく太古の遺跡を見る度に、人の小ささと自然の大きさを感じさせられます。

でも、本質は、人がそもそも自然の中の一部であるということ。
それを忘れないでいたいのです。

ニコニコ動画に投稿した際、たまたま特集に組み込まれたおかげで、
他の歌よりも多くの人の耳に届いた結果になりました。ありがたいことです。

 

■Message for foreign friends

I think that Concept of "Trying to cherish the natural" is important.
In this song, I wanted a close-up of the aspects of "Nature has a strong vitality and tolerance than humans think".
I composed the melody and arrangement as simple as possible, because I wanted this song to such representation as nursery rhyme.

 

■歌詞

ちいさなもりのまんなかに おおきなきがありました
ひとやおはなやどうぶつが もりにやってくるまえから

きにはおおきなえだがあり おおきなはっぱもありました
あついなつにはかさになり みんなひるねにきたのです

きは みまもった
いつまでも みまもった
ちかづくことなく はなれることなく

ひとがもりにやってきて もりのすがたをかえていく
みちはかたいいしにかわって はやしはいえにかわってゆく

きは みまもった
いつまでも みまもった
わらうこともなく おこることもなく

ちいさなもりのおおきなきは おおきなきりかぶにかわった
かぞえきれないねんりんは きょうもしずかにわらっている

きょうもしずかにわらっている

 

■歌詞(English ver.)

(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
80

 

■NexTone管理番号

N00088841

 

■Floatin' POPs収録順
2曲目

 

■作詞日
2002/09/13

 

■作曲日
2002/09/11

 

■編曲日
2002/09/12

 

■リンク(Amazonさん) 

ちいさなもりのおおきなき

ちいさなもりのおおきなき

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

ちいさなもりのおおきなき

ちいさなもりのおおきなき

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp


以上、今後ともよろしくお願いします。