総村スコアブック

総村悠司(Sohmura Hisashi)の楽曲紹介をしています。

歌『Spring Shower』

おつかれさまです、総村悠司です。

今日は歌『Spring Shower』についてです。


詞先だったのですが、原詩は全英文でした。
(下段にある詞は原詩とは別にボーカライズにあたり、総村がつけたものです)

 

このサイトを見て既にお分かりの方も多いと思いますが、総村は英語が苦手です。作曲にあたり、非常に苦労した思い出があります。
日本人ですから、日本語の詞の場合は文節や抑揚からその文章にしっくりくるメロディーが自然とトレースできたりするのですが、それが期待できない訳です。


まだ寒く乾燥した時期だったからかもしれませんが、暖かく、潤いの感じる「春の雨」をイメージしていました。


昔から雨が好きでした。逆に、晴れ(太陽光)は苦手でした。
乗り物酔いがしやすい体質で、大型バスで延々と移動するとき、晴れているときよりそうでないときの方が随分と楽だったからでした。
しかし、世の中全体でみると、雨に対する評価やイメージは一般的にマイナス気味です。


日頃から感じていたその不条理を、逆に「マイナスに思えるものも、見方を変えたり、使い方によってはプラスになる」というテーマととらえ、活かすことにしました。

具体的には、曲の中には「マイナーコード」が何度か現れますが、これが引き立つように構成したつもりです。
作曲時に影響を受けた歌は宇多田ヒカル氏の『First Love』。はい、そちらの方、怒らないでください。
原詩が英文だったうえ、儚げなイメージがちょうど当時の総村の中で関連付けられたのでしょう……。


そして、この歌には続きがあります。
まだ「歌」になる前。知人がインストゥルメンタル版を結婚式の入場曲に使ってくれたのです。ありがたいことです。
下段の詞が付いたのはその5年後の話。そのお礼も兼ねて付けさせていただきました。
現在もその知人は幸せな家庭を築いて暮らしているようです。この場を借りて、改めて「末永くお幸せに……」。

 

■Message for foreign friends

By changing the point of view, it is possible to think also to the positive even those that seem to minus.
As its theme, that was picked up a rain for lylics and a melody for a minor code.
I am grateful to friend who used the song at a him wedding.
To take this opportunity, I pray for couple of eternal happiness. m(_ _)m

 

■歌詞

風に 花の匂いが混じる頃
あなたとの物語ははじまった
昼にいつも 仲間と会っていたときは
まるで意識してなかったけど

夜 眠れずに 星空見上げたとき
急に声が聴きたくて やっと素直な気持ちになれた

時に冷たい雨が二人に降り注ぐけど
きっとそれは未来のために大事なものなんだ

ひとつの雨傘を静かに閉じれば
水たまりに映るふたつの影
雨上がりの青空に 七色のアーチは浮かび、
二人の花はもっと強く育ってゆく……

(It's spring shower...)

 

■歌詞(English ver.)

(It does not exist yet.)

 

■作品ナンバー
52

 

■NexTone管理番号
N00097873

 

■Floatin' POPs収録順
5曲目

 

■作詞日
2012/02/08

 

■作曲日
2001/02/23

 

■編曲日
2012/02/20

 

■リンク(Amazonさん) 

Spring Shower

Spring Shower

 

 

■無料試聴リンク(iTunesStoreさん) 

Spring Shower

Spring Shower

  • 総村悠司
  • ポップ
  • ¥150

 

ニコニコ動画に投稿したページ

www.nicovideo.jp

 

以上、今後ともよろしくお願いします。